1. ホーム
  2. レチノール化粧品とアンチエイジング
  3. ≫ビーグレンってどんな会社!?

ビーグレンってどんな会社!?


ビーグレンって聞いたことがないけど・・・

ビーグレンは、正式にはビバリーヒルズラボラトリーといって、アメリカのカリフォルニアに本社が、東京の汐留イタリア街に日本本社があるスキンケアメーカーです。

認知度は高くないけど

1994年創業ですから、すでに20年以上の歴史があるのですが、その割には認知度が高いとは言えませんね。
ひとつは、テレビCMをやらないことが、その理由だと思います。

ビーグレンの名前は、実際にはほぼ口コミだけで広がってきました。
逆に言えば、口コミで広まるほど、高い製品力があるということの証明でもありますね。

ビーグレンの製品って何がどうすごいの?

他社がまねできないビーグレンのすごさは、何といってもビーグレン独自の国際特許「浸透テクノロジー」です。

浸透テクノロジー?

美容液やクリームなどに、どんなに素晴らしい成分が入っていても、お肌の内部に浸透しなければ、入っていないのと同じですよね。

実は、化粧品のコマーシャル等でよく「浸透」といっていますが、化粧品の成分は、悲しいほどお肌に浸透しません

というのは、簡単な話、人間の肌にはバリア機能があって、外から余計なものが侵入できないようになっているからです。

そこで、ビーグレンの国際特許「浸透テクノロジーQuSome(キューソーム)」の登場となるわけですが、これはひと言で言うと、化粧品に配合されている有効成分を、すごく小さいカプセルで包んで、角層の奥まで浸透させて届けるという技術です。

この技術のおかげで、

  • 普通は届かない角質層の奥まで、有効成分を届けることができる
  • 必要な場所に届くまで、有効成分がカプセルに包まれているので、有効成分の威力を損なうことなく引き出せる

(これらが全て可能な化粧品はまずありません)

ということが可能になりました。

そしてこれにより、はっきりと結果を実感できることで、どんどんビーグレンの名前が口コミで広がっていったわけです。

売りは製品力だけではない

「技術」とか「テクノロジー」とか「製品力」とか言われると、ものは良さそうだけど、何となく温かみが感じられないかもしれませんね。
でも心配はいりません。実は真逆で、とってもあたたかい対応をしてくれる会社です。

カスタマーサポートがすごい

ビーグレンのカスタマーサポートは、本当は製品力よりもそれがビーグレンの売りではないのかと思うほど、本当に素晴らしいです。
単に製品のことだけでなく、かかりつけの医者のように、自分の肌や美容について、親身になって相談に乗ってくれます。
しかもなんと、24時間・365日です。(夜間も音声対応とかではなく、ちゃんと人が対応してくれますよ)

365日返金保証も誠意の象徴

ビーグレンの全ての製品に、365日返金保証がついています。
これは、製品力への自信と、お客様への誠意の表れと言えるのではないでしょうか?
ほとんど使い切ったとしても返金してもらえるのかと、少しいじわるな問い合わせをしてみましたが、「その場合でも返金いたします」と断言されました。

日本的な企業

ビーグレンは、アメリカに本社があるということで、よくある外資系企業のイメージをもたれるかもしれませんが、実は、かなり日本的な会社です。
創業者・現社長は、日本人ですし、スタッフの多くも日本人です。

また、アメリカ人向けの製品で、日本人には合わないのではと心配する方もおられますが、実はビーグレンのユーザーの9割以上は日本人ですし、まったく心配には及びません。

エステも受けられる

東京・汐留の日本本社の1階には、エステが併設されています。
エステは、製品購入者であればだれでも利用可能、しかも一般的なエステと比べてかなり安い料金で受けられます。

社会活動も

hayama2

ビーグレンは社会活動も行っています。

例えば、先日私も見に行ってきたのですが、「葉山マリーナサマーフェスタ 」の公式スポンサーとして活動もしています。

乳がんの早期発見を啓発するためのピンクリボンイベントとして、無料乳がん検診を提供するなどの活動も行っています。